}); 【退去費用ゼロを目指せる?】退去時の原状回復費用 注意点まとめ – 賃貸住宅の手引書【賃貸住宅お役立ち情報早わかり】

【退去費用ゼロを目指せる?】退去時の原状回復費用 注意点まとめ

 

 

賃貸住宅の退去時というのは賃貸契約の中でトラブルが起こりやすい一つであります。

基本的には物件管理会社・家主(不動産のプロ)と話し合いあうことになりますが

当然借主の大半は一般の方になりますので、知識不足は仕方のないことです。

ここでは借主が支払う必要がないものを請求されない為に

基本的な退去時の原状回復費の解釈をご説明していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事では大まかに

①借主が負担しなくてはいけないもの

②借主が負担しなくて良いもの

➂覚えておくとお得知識

④敷金の扱い方

についてご説明していきますが、案件によってケースごとの細かいこともございますので、

その際は本ブログの他記事をご確認下さい。

 


 

借主が負担しなくてはいけないもの

 

実務的に借主が負担しなくてはいけないものについて具体的には

 

(1)契約事項に記載のある特約

(2)入居中の故意・過失による室内の汚損・破損になります。

 

(1)については

契約書に記載のある

「借主(乙)は退去時に室内清掃費として〇〇円を(甲)支払うことを承諾する」

というようなものです。

この部分に関しては契約書に記載があればわかりやすいので

大半の方が納得しやすい部分かと思いますが

 

問題は(2)です。

まず言葉の意味からですが

故意=わざとしたこと

過失=誤ってしてしまったこと

というようなニュアンスになります。

 

具体的には室内でタバコを吸っていてクロスが黄ばんでいるのでクロス(壁紙)全面の交換(故意)

不注意で家具を壁に当ててしまい壁が破損・穴が空いたなど(過失)

 

そして「入居中の」という部分に関しては

立会い時に入居前から存在していた汚損や破損を退去時に請求される場合もありますので、

入居前にしっかり部屋のチェックをし、書面や写真で「これは自分がしたものではない」という

証拠を残しておけば退去時にスムーズです。

管理会社も証拠がなければ請求を取り下げれなくなりますのでこれは大事な部分になります。

証拠がないものを請求された際は間違いなく水掛論になりますので、非常にめんどくさいです、、、

 


 

借主が負担しなくて良いもの

 

一方で貸主が負担しなければいけないものは、自然損耗と経年劣化の部分になります。

自然損耗=通常に使用していても損耗していくもの

経年劣化=使用年数によって劣化するもの

 

例えばクッションフロアーに冷蔵庫を置いていてそのへこみの跡が取れないので、

クッションフロアーの交換を請求された場合などは自然損耗にあたりますので、

支払う必要はありません。

ただしその際、冷蔵庫を引きずってクッションフロアがめくれてしまったなどの場合は

過失にあたりますので、ご注意下さい。

 

 


 

覚えておくとお得な知識(減価償却)

 

そしてここで一つ押さえておきたい知識が減価償却というものです。

元々は会計用語として使われていましたが、

一言でいうと賃貸住宅の世界では

「物の価値は時間の経過や使用によって価値が減る」という考え方になります。

物ごとによって耐用年数は変わってきますが、

 

先程のタバコのヤニによるクロス(壁紙)の全面交換のケースで考えれば

クロスの価値は6年の経過・使用によって価値が1円になるという考え方になります。

つまり居住年数6年以上であればクロスの交換を請求されたところで

借主は1円の負担ということになります。

 

 

計算式に当てはめると

居住年数(ヶ月)÷耐用年数(ヶ月)=借主負担額

クロスの場合は耐用年数が6年(72ヶ月)になりますので

3年間住んでいてタバコのヤニでクロス交換を請求された場合は

 

36ヶ月÷72ヶ月=0.5   全体金額の(50%の負担)

これが本来の請求金額ということになります。

請求金額が少し高額だなと感じることがあれば

「この金額は減価償却は考慮してもらってますようね?」

一言言っておくだけでも相手の印象は変わると思います。

 

 

この考え方を知っていると知らないでは

高額な原状回復費用を請求された際に大きく変わりますので、是非覚えておいて下さい。

物によって耐用年数は変わりますが基本的には全てに使える知識です。

詳細は「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」

記載がございますのでご参照下さい。

 


敷金を払っていれば、退去時に請求されない?

 

また契約内容によっては契約時に敷金を支払っている契約もあるかと思います。

礼金に関しては退去時には一切返還されないお金になりますが、

基本的には原状回復費は敷金で相殺されることも多いですが、

足りない場合は当然別途請求されることもございますでご注意下さい。

 

逆に請求されている項目が少ないのに敷金からの返金がない場合は

管理会社に請求項目と請求金額の確認をしてみましょう。

あやしい請求項目や常識外な請求金額になっている場合もございます。

 

 

以上の基本的知識は「そんなこと知らなかった・契約時に聞いていなかった」では

済まされませんので、退去時に困らないようにしっかり覚えておいて下さい。

 

あくまでも賃貸住宅は家主の持ち物になりますので、

借りる側も「借りさせてもらっている」という認識をもって生活するだけでも、

お互い嫌な思いをする確率は低くなると思います。

 

「知人にセーターを貸していて破れて返ってきたので、弁償してほしい」と誰しもが思うはずです。

賃貸住宅も借りたものを元の状態に戻して返すということは同じですよ。

 


 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です