}); 【自己破産もありえる?】家賃滞納をしてしまった場合の対処法 – 賃貸住宅の手引書【賃貸住宅お役立ち情報早わかり】

【自己破産もありえる?】家賃滞納をしてしまった場合の対処法

 

 

家賃滞納は借主の義務違反の中でも重大な義務違反になります。

家主も大事な資産も貸して、その対価として賃料をもらってるわけですから

その賃料がもらえなとなると大問題です。

事態を甘く考え、うっかり払うのを忘れていたなんてことは許されません。

後々後悔しないように、借主側もなにより早めに対応するのが先決です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

家賃滞納発生~強制退去・明渡しまでの流れ

 

何ヶ月滞納したら強制退去させらるか

 

そもそも民法上の解釈としては単に債務不履行(家賃滞納)があっただけでは

家主側は賃貸借契約を解除できません。

その中で継続的に家賃滞納をし続けると信頼関係破壊の論理というものが適用されます。

もっとも1か月分の家賃滞納では、信頼関係破壊があるとまではいえないでしょう。

実務的には「3か月分の賃料滞納」が発生すると信頼関係が破壊されたとみなされます。

家主側もこの3か月分の滞納を1つの区切りとして明渡訴訟提起を検討することになるでしょう。

 

 


 

 

うっかり1ヶ月分を滞納してしまった

1ヶ月の滞納の事情であれば色んなケースがあると思いますが、

ここでの動き方が一番重要になります。

滞納が発生した時点で家主や管理会社は電話や文書などで

支払い期限を設けて請求してくるはずです。

 

うっかり忘れてしまっていた場合は素直に謝罪し

支払い期限までに振り込めば当然滞納は解消されますが、

 

なんらかの事情で金銭的に支払うことができない場合でも、

請求者が仮にどんな横柄な態度な場合でも、家主・管理会社の電話や文書には絶対に応じて下さい。

どんな事情があれ、悪いのは滞納をしてしまっているあなたですので、そこは念頭に置いておきましょう。

 

全額払うことができない事情があるとしても

先程の説明でも1ヶ月の滞納では賃貸借契約は解除できませんので、

家賃分割支払いなどの相談をすればひとまずは返済方法の相談には乗ってくれるはずです。

相談を受け付けてくれない場合でも、保証人や親族に相談し協力してもらうことが先決です。

 

金銭的に1ヶ月の滞納を支払えない人が3ヶ月の滞納をまとめて支払える訳がありませんので

この段階での動き方が一番重要になります。

 

 


 

支払うお金がなく3ヶ月分を滞納してしまった

 

この段階になれば、家主側も明渡し訴訟へ向けての最終段階に入っているとお考え下さい。

おそらく内容証明郵便で「〇月〇日までに滞納賃料を全額支払わない場合には、改めて通知することなく本契約を解除する」というような

内容の催告書面が送付されているはずです。

内容証明郵便とは「どのような内容のものをいつ差し出した」かを郵便局が記録するものになります。

中にはこの内容証明を受け取らなければなんとかなるだろうと甘い考えの滞納者もいますが、

実際には明渡し訴訟は事前に解除催告をしていれば事足りるので、

受け取り拒否をしている場合は執行官が現地に出向き直接渡されることになります。

 


 

強制退去・明渡訴訟

ここまできて和解で解決できない場合はいよいよ実際に強制執行に入ります。

強制的に借主の財産差し押さえやに明渡しを実施されることになります。

 

このようなことにならないように仮に滞納をしてしまったとしても、

上記を参考に早めの対応を借主側でしていくことがなにより先決になります。

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です