}); 【初めての引越し】間違いようのない不動産業者・部屋の選び方のコツ – 賃貸住宅の手引書【賃貸住宅お役立ち情報早わかり】

【初めての引越し】間違いようのない不動産業者・部屋の選び方のコツ

 

 

まず部屋探しの時期は住み始めたい日の1ヶ月半~1ヶ月前ごろになれば、

実際不動産屋さんに来店し部屋の内覧(実際に部屋をみること)を経て

気に入った物件に申込をすればスムーズに入居まで進みます。

それまでは準備期間になるわけですが、ここから逆算して

この時期になにができるかで良い物件に巡り合う確率が上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

引越しが決まってからの最初のステップ

 

でも初めての方であればなにから手を付けていいかもわからず、、、

まずはインターネットの※1ポータルサイトなどで自分の希望条件の物件が存在するのか

検索していくことから始めましょう。

まずはサァーと自分の探している地域の物件をみるだけでも構いません。

慣れてきたら気になる物件などがあれば電話やメールで資料請求や空きを確認し

どんどん情報を集めましょう。

いくら資料請求や空きを確認してもこの時点では無料ですので

まずはどんどん資料請求して相場感を養い来店する不動産屋さんを選別しましょう。

相場感を養わないと最終的に部屋を決める時に踏ん切りがつかなくなりますので

これは大事な作業になります。

 


部屋探しのコツ

 

そもそもですが、どこの不動産屋さんも店舗ごとにおすすめ物件はあるものの

紹介できない物件はありません!(わずかですがごく稀にはありますが、、、)

みなさんよく勘違いされているところですが、

家主(募集依頼)→※2物件管理会社(物件管理)→全国の街の不動産業者(※1仲介業者)

多くがこの流れになります。

ですので仲介業者が変わったところで家主は変わりませんので

良い部屋の募集をしていても対応が悪いな、、、と感じたら

その物件の情報をもって他の不動産屋さんに行けば同じ物件を紹介してくれます。

 

誰もが最初はわからないことだらけです

気に入った部屋が見つかればその不動産屋さんで申込・契約をすることになりますので

なんでもわからないことがあれば教えてくれる不動産屋さんを是非見つけて下さい。

不動産屋さんもプロですので今まで色々なお客さんを相手にしてきてます。

「わたしって嫌な客なんだろうなー」て思われるのを気にして後々後悔しないようにして下さい。

実際あたなが思うほど不動産屋さんはそんなことなんとも思ってないことがほとんどです。

 

管理人も20代前半のころに仲介業者で勤めていましたが

お客さんに色々聞かれても嫌な気持ちになったことは一度もありません

逆に若かったので「若いのに色々知ってるなー」と思われたいがために全ての質問に

丁寧に答えていました(笑)

 

 

是非いい不動産屋さんと、いい部屋を見つける参考にして下さい!!

 


 

※1 様々の不動産業者が募集部屋を広告する総合インターネット部屋探しサイト

※2 家主に代行し物件の募集・維持管理を行う不動産業者

※3 貸主と借主の間に入り、部屋探しや借主の契約サポート業務をする不動産業者

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です