}); 【緊急事態!どうしたらいい?】部屋の鍵を紛失してしまった場合のコストを抑えた対処法 – 賃貸住宅の手引書【賃貸住宅お役立ち情報早わかり】

【緊急事態!どうしたらいい?】部屋の鍵を紛失してしまった場合のコストを抑えた対処法

 

 

この記事を今見て頂いている方は次のどちらかに該当してますか?

どちらかに該当されている方はこの記事で一番コストを抑えた対処法をご紹介していきます。

 

①一本しかもらってない鍵を紛失してドア・オートロックの前で茫然としている。

 

②鍵は紛失していないが、①にならない為の予防策を知っておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


①一本しかもらってない鍵を紛失してドアの前で茫然としている。

 

まず①に該当する方は緊急性が高い案件ですので

それが物件管理会社の営業時間内であれば、

緊急用にスペアキーを保管していることもありますのでまずは一度連絡してみましょう。

営業所の近くの鍵屋さんでコピーキーを作成し保管キーを返却すれば、家に入ることが出来ます。

手間は掛かりますがこの際はコピーキーの複製費用、数百円程で済みます。

 

しかし夜間など物件管理会社の営業時間外や定休日であれば当然コピーを作成することができません。

その際は近くの公園で一夜を過ごすか、近くの鍵屋さんに来てもらって開錠してもらう方法になります。

 

 

無事に部屋に入ることができても部屋内にコピーキーを保管している場合は、

しばらくはコピーキーを使ってドアの開錠が出来ますが、

あまり気分的に紛失したままで日常生活を過ごすのも気持ち悪いものです、、、

まずはもう一度思い当たる場所・ズボンやジャケットのポケットを探しましょう。

 

どうしても見つからない場合は最寄りの警察署に行き「遺失届」をだします。

日本は財布や鍵などの大事なものであれば警察所に届き返ってくることも多いです。

 

それでも鍵が見つからない場合は管理会社に承諾を得た上で、

鍵のシリンダーを交換することをおすすめします。

どのみちそのままにしておいても退去時に原本キー(シリアルナンバーが印字された鍵)の

返却がない場合はシリンダー交換費用が請求される契約が多いからです。

その費用には管理会社の利益も乗っていることが、

多いので可能であれば直接業者を手配するほうがコストを抑えられます。

 


 

 

 

②鍵は紛失していないが、①にならない為の予防策を知っておきたい。

先程説明した通り賃貸住宅の多くは

退去時に原本キー(シリアルナンバーが印字された鍵)の返却がなければ、

シリンダー交換費用、数万円を請求される契約がほとんどです。

 

ということは原本キーさえ紛失しなければ高額な費用を請求されることはありません。

普段は原本キーからコピーキーを2~3本作成しておき

コピーキーを使っていて紛失した場合でも高額なシリンダー交換費用を請求されることはありません。

 


 

鍵の紛失は誰しもがしてしまいがちなことですが、

普段から紛失した際のバックアップを準備しておくことがとても大事になります。

いざという時に困らないように一度この機会にあなたの鍵の保管方法を見直して頂くことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。